早漏を気にしている方へ

早漏とは、女性との性交渉の際の挿入時間が短く女性が満足しないうちに、射精をしてしまう現象の事を指します。
時間は様々なようですが、5分くらいの人もいれば1~2分で射精してしまう人、中には挿入の直前に射精してしまうなんて人もいます。
女性を満足させる前に自分が射精してしまうので、自分に自信をなくしてしまい、さらに悪循環に陥るケースもあります。
早漏の原因は、精神的な要因と、肉体的な要因のふたつに分かれます。
精神的な要因として挙げられるのは、ストレスです。
性交渉の緊張状態や、興奮状態もストレスになります。
また、仕事のストレスなど様々な原因があります。
肉体的な要因としては、包茎などで皮膚が敏感になっているなどがあります。
割合的には肉体的要因よりも精神的要因のほうが多いです。
射精のメカニズムは、簡単に説明をすると脳が挿入出来るぞと感じた時に、興奮状態になってきます。
そして、いざ挿入となると最高潮の状態になります。
この最高潮の状態がすでにいつでも射精出来る状態なのです。
射精できる状態をうまくコントロールし維持出来れば早漏にはなりません。
では、どうすればコントロール出来るかです。
脳が最高潮の興奮状態になると射精の信号が出るわけですから、その信号を出させなければ良いのです。
簡単に聞こえますが、体は反応しているのでなかなか難しい事です。
セックス以外の事を頭の中で考えてみたり、一旦行為そのものを中断したりと方法はありますが、それでは、心の底からセックスを楽しむ事は出来ません。
今では射精を遅くするために様々な薬が開発されています。
ペニスの感覚を脳に伝わりにくくして脳からの射精命令を遅らせる薬や、ペニスに直接クリームを塗って感覚を麻痺させる麻酔薬、最近ではうつ病の薬が早漏に効果がある事が分かっています。
いずれも処方箋が必要な薬であり、医師の診断がかかせません。
脳に作用する薬もありますので、副作用や飲み合わせを禁止されている薬もあります。
必ず医師の診断を受けてから服用するようにしましょう。
最後に、何分以内に射精すると早漏だという定義はありません。
要するに女性を満足させる事が出来、自分も満足出来ればそれが、理想のセックスです。
挿入して射精、だけがセックスではありません。
前戯で女性を楽しませてあげたりして、女性の満足度を上げてから挿入しましょう。
あまりコンプレックスに感じずに、楽しむ事が一番の治療法ではないでしょうか。